吉川みきさん(Blog)

FullSizeRender

 

吉川みきさん。

みきさんを想いだすとき、

浮かんでくるのはあの笑顔と一生懸命語りかけるように話してくれる姿です。

私はみきさんが病気を患ってからの出逢いでしたが、

いつも明るく、ピアノからもご本人からも迸るような生命力を感じていました。

みきさんの歌詞、今日改めてこのアルバムを聴きましたが、

悲しくて現実的でみきさんの愛に溢れています。

 

私は服部祐民子さんを通じて出逢いました。

みきさんが体調を崩されてライブで服部さんのピアノ演奏をキャンセルされたとき、

私が代役をつとめたこともありました。

みきさんと服部さんの演奏を私はいつも観ていて、それはそれは素晴らしかったので、

ものすごくプレッシャーを感じました。

みきさんに一生懸命やることを伝えたら、

迷惑をかけて申し訳ないということと、演奏できなくてすごく悔しいと言っていました。

 

今日はみきさんにお別れをしてきました。

悲しすぎる。

でもみきさんを想いだすとき、

浮かんでくるのはとても可愛いあの笑顔です。

 

以前みきさんのラジオ番組にお邪魔したとき。

この写真が私は大好きです。

みきさん、大好きです。

今までたくさんありがとうございました。

081201_1606~0001

 

明日はみきさんの誕生日。