PROFILE

RyokoShiraishi2017profile
◆しらいしりょうこ
東京都出身(3歳~8歳まで兵庫県西宮市で暮らす)
◆好きなアーティスト
RANDY NEWMAN Alanis Morissette
Judee Sill Eddi Reader ノロヴバンザド
Cocco 伊藤ゴロー ONE OK ROCK
◆好きなこと
大相撲観戦 水泳 ヨガ あべこべ体操

Biography

2005年『Assembling』でCDデビュー。
2008年セルフレーベル“Chiffon Records”を立ち上げ、
これまで4枚のアルバム、2枚のシングルをリリース。
1996年に旧ナムコ(現:バンダイナムコゲームス)より発売された『鉄拳2』のエンディング曲
「Landscape Under The Ghost~KAMINANO~」のヴォーカルを担当する。
この曲は鉄拳ファンの間で伝説の曲となっており、海外でも人気が高いことから、
しらいしりょうこの歌声により再びレコーディングされ、
2012年に発売された『鉄拳タッグトーナメント2』に再収録された。

(2012年発売『アンフィルム』にオリジナルアレンジバージョンを収録)

デビュー10周年を迎える2015年11月25日ニューアルバム『最愛』をリリース。
ピアノ弾き語りライブでも定評のある、透明感のある親しみやすい、そして時に力強い歌声と、
経験から紡ぐリリカルな言葉の世界。
静かな情熱を持つ大人の恋、愛を歌うしらいしりょうこの新しくもどこか懐かしいラブソング集
セルフプロデュース3作品目となるこのアルバムは、サウンドプロデューサーに根岸孝旨を迎え、
柴草玲との共作曲を含む全5曲を収録。

2017年4月12日、ファンのリクエストから始まった、
しらいしりょうこがこよなく愛する
大相撲ソングをシングルとしてリリース。
お相撲さんと恋する「私の彼は左四つ」は80年代アイドルを彷彿とさせるサウンド。
「決まり手82」はピアノ一発録音、相撲の決まり手82手を全て歌詞に入れた想像を裏切るメロウでドラマティックな展開。
民族音楽のような幻想的な世界の中、語るように歌う「相撲の歴史」。
しらいしりょうこの大相撲への愛が溢れる全3曲となっている。

Biography(en)

2005  Ryoko released “Assembling” in a Japanese independent label.
2008  Ryoko established her own label “Chiffon Records “  and has made two albums since then.
In her early career, Ryoko sang “Landscape Under the Ghost~KAMINANO~” as the main vocalist in 1996.  This song was used as the ending theme of the popular game   “TEKKEN 2” produced by NAMCO.(Currently known as BANDAI NAMCO)  Over time the song became more and more popular among fans of “TEKKEN”, especially abroad, a new version of “Landscape Under the Ghost~KAMINANO~” was recorded and used in the game “TEKKEN TAG TOURNAMENT 2.”

On her 10th anniversary Nov 25th 2015, Ryoko will release her new album “SAIAI.”
In this self-produced album “SAIAI” becomes her third album.  Ryoko invited Takamune Negishi as producer.  Various well know musicians and engineers participated in the recording, too. 
The new album has 5 brand new songs including a collaboration with Rei Shibakusa.
It could be categorized as Rock /Pop album.

Ryoko’s world is a harmony between her pure and clear voice already known from her live performances especially with an acoustic piano and lyrical words originating from her own experiences.  This album portrays a silent love with a passion.
The album contains some love songs that you probably feel are something new, but at the same time that they bring back memories of the old days.

2017 Ryoko Shiraishi, a true lover of SUMO wrestling, finally released the songs for OOZUMO (Professional Sumo Wrestling)!!
The series of the songs for OOZUMO started with a fan’s request.
“WATASHI NO KARE WA HIDARI-YOTSU (My boyfriend is left hand grip)” is a song about falling in love with a SUMO wrestler, sounds reminiscent of the pop music in 80’s Japanese idol.
“KIMARITE 82 (82 Winning techniques)” is a one-shot recording with piano. Although the lyrics of this song express all 82 winning techniques, the music is unexpectedly mellow but dramatically portrayed.
“SUMO NO REKISHI (The history of SUMO)” Ryoko sounds like a storyteller in a fantasy world of a folk-like-tune. 
All three songs express Ryoko’s full love for SUMO.